新着情報

新着情報 · 2018/01/26
【徳之島】伊仙町立喜念小学校(今村浩幸校長、児童数27人)で25日日、学校常設の「サタグンマ」(砂糖車)実物と復元のミニ「サタヤドリ」(砂糖たき小屋)の実演も交えた恒例の黒砂糖作り体験学習があった。
新着情報 · 2018/01/23
一般社団法人徳之島観光連盟(重田勝也会長、会員156人)は22日、同連盟のロゴマークを発表した。徳之島のPRに向けて、連盟のホームページや印刷物などで活用する。
新着情報 · 2018/01/21
20日は1年で一番寒さが厳しいとされる「大寒」だが、奄美群島はこの日、晴れ間が広がって各地で気温が20度を超え、3月中旬から4月上旬並みの暖かさとなった。
新着情報 · 2018/01/19
来遊シーズンを迎えたザトウクジラのホエールウォッチング&スイムのツアーが今シーズンも好評を博している。奄美クジラ・イルカ協会(7事業者)では、ツアーとともに出現頭数などの調査も行っており、18日のツアーでは8~13㍍程度のザトウクジラ2群5頭を確認。クジラとともに泳ぐホエールスイムを行う人もいた。  ザトウクジラは冬季に繁殖のために奄美地方を通過する。1月ごろには南下する個体と、3月ごろには北上する個体との遭遇率が高く、両者が混在する2月ごろが一番の見頃だという。
新着情報 · 2018/01/18
NHK大河ドラマ「西郷どん」の放送を記念して奄美大島や徳之島、沖永良部島で発売された黒糖焼酎の売り上げが好調だ。西郷隆盛は生涯2度、奄美群島で暮らすなど奄美にもゆかりの深い人物。これからドラマの奄美ロケも見込まれているだけに、黒糖焼酎メーカーの期待も高まっている。
新着情報 · 2018/01/17
奄美市住用町の住用小(富林弘智校長、児童18人)の「リュウキュウアユの観察・保護活動」が2017年度全国野生生物保護実績発表大会(環境省など主催)で奨励賞を受賞した。表彰伝達式が16日、同校であり、同市の要田憲雄教育長から表彰状が贈られた。
新着情報 · 2018/01/16
国土交通省が昨年8月に公表したクルーズ船寄港地開発に関する調査結果を受け、瀬戸内町はこのほど、大型クルーズ船寄港地誘致に伴う支援を求める要望書を三反園訓県知事に提出した。同町西古見集落の池堂地区を候補地としており、クルーズ船寄港を生かした地域創生を目的としている。同町は「自然環境に配慮した、他のモデルとなる計画を国・県・町で構築していきたい」としている。
新着情報 · 2018/01/15
戦前の沖縄で、貧しい農村の発展に尽力した喜界島出身の医師、平島國造さん(1885~1965年)の顕彰式典が13日、沖縄県南城市であった。地元住民や在沖奄美出身者のほか、東京に住む平島医師の親族らが駆け付け、その功績を後世に語り継ぐことを誓い合った。
新着情報 · 2018/01/14
小正月(1月15日)の前日にあたる14日は「ナリムチ(餅花)」―。奄美市名瀬の商店などでは色鮮やかに彩られたナリムチ飾りが店頭に並べられ、朝早くから人の列。家庭用やお供え用として買い求める人の姿が多く見られた。
新着情報 · 2018/01/13
絵本「キュンすけのおくりもの」(文・小原麻由美、絵・小島加奈子)がこのほど発刊された=写真。物語のモデルは与論島。同島出身の庭師に聞いた話が基になった。

さらに表示する